みんなで健康的なレシピを作ろう!!

ビタミンK

096920

ビタミンKは,ビタミンのうち脂溶性ビタミンに区分されるビタミンです。ビタミンKは「血液凝固」に不可欠な栄養素です。また,「骨との関わり」も深く,カルシウムを骨に取り込む手助けをしてくれるビタミンとして注目されています。このようにビタミンKは「血液凝固因子の合成」や「骨形成」に深く関わっているのですが,ビタミンKが不足すると,血液凝固が遅延し,新生児・乳児の間で「特発性乳児ビタミンK欠乏性出血」,「新生児メレナ」といった症状を引き起こす可能性があります。

新生児や乳児でこの様な症状が起きやすいのは,ビタミンKが止血のために必要なビタミンなのですが,実際には,肝臓にて,「プロトロンピン前駆体」という物質に「ビタミンKが持つ酵素」が作用し「プロトロンピン」という物質が合成され,止血を行っています。ビタミンKは胎盤を通過しにくい性質があり,また,母乳にはビタミンKが少ないため,この様な症状が起きやすいと考えられています。

骨との関わり

骨の基盤となるタンパク質には,オステオカルシンという物質が不可欠なのですが,このオステオカルシンという物質の生成にはビタミンKが不可欠なため,ビタミンKが不足すると骨質の低下につながる可能性があります。

ビタミンDが豊富な食品

475852

ビタミンKは腸内細菌によっても合成されるため(新生児や乳児は腸内細菌が少ない),成人のビタミンK物質はまれです。ビタミンKが多く含まれている食品は,「ホウレン草」,「ブロッコリー」,「納豆」などです。妊娠中のお母さんや母乳を与えているお母さんはこの様な食品を積極的に摂取すると良いかもしれませんね。