みんなで健康的なレシピを作ろう!!

ナトリウムについて

202181

ナトリウムは5大栄養素のひとつのミネラルに分類されます。ミネラルは大きく【①多量ミネラル】と【②微量ミネラル】に区分されており,ナトリウムは【①多量ミネラル】の一種です。ナトリウムは「体液の浸透圧維持」や「神経伝達」に関与する重要な栄養素ですが,カリウムと互いに逆の働きをすることで体の恒常性を保っています。人間の体内には,ナトリウムが細胞外液中(血漿,組織間液)に存在し,その逆にカリウムが細胞内に多く存在し,浸透圧を保っています。この浸透圧のバランスを保つことによって細胞内に必要な栄養素を送り込んだり伝達する役割を果たしています。

具体的には,体内のナトリウムの約50%が細胞外液中(血漿,組織間液)に存在し,細胞外液の陽イオンの9割を占め,主要な陽イオンとして,細胞外液の浸透圧の維持に関与しています。また,細胞膜の電位を維持することによって,「物質輸送」や「神経や筋細胞の活動」に大きく関与しています。また,残りの40%のナトリウムは骨の結晶構造に組み込まれていて骨の組成にも関わっています。

血圧との関係

例えば,食塩(ナトリウム)を摂取した場合,ナトリウムは小腸から吸収されて,血液中に取り込まれるます。その結果,血中のナトリウムが増え,血漿浸透圧が高くなります。この血漿浸透圧が高くなるとホルモン等の働きにより人間はのどが乾き,水を飲みます。するとその水が血中の水分量をあげ,血管内の圧力(血管が膨張)し血圧があがるのです。

ナトリウムの摂取目安

565523

ナトリウム(塩分)は欠乏することは少なく,過剰摂取のケースの場合が多いです。成人男性の目標量は8.0g未満/日であり,成人女性の目標量は7.0g未満/日です。,ラーメン一杯の食塩が4〜6gなので,日々,過剰摂取しない様に気をつけましょう。