みんなで健康的なレシピを作ろう!!

リンについて

リンの役割について

272531

リンはミネラルの中でも,多量ミネラルに属するミネラルです。リンは,85%が歯や骨の中に存在し、これの細胞膜を構成する栄養素です。また,核酸やATP,リンタンパク質の構成成分でもあります。リンは骨の構成要素としても役にたっています。

骨というとカルシウムだけでできているイメージがありますが,骨には「カルシウム」の他にも「リン」や「マグネシウム」,「ナトリウム」といったミネラル,そして「コラーゲン」が含まれており,「リン」については,体内の「リン」の85%程度が骨の中に含まれています。骨は「コラーゲン」を軸として,その周りを「カルシウム」,「マグネシウム」,「ナトリウム」,「リン」などのミネラルが埋める様な「コラーゲンを鉄筋とした,鉄筋コンクリート」の様な仕組みとなっています。この「コンクリート」の部分,つまり「カルシウム」,「マグネシウム」,「ナトリウム」,「リン」などのミネラルの密度が低下した状態が骨粗粗鬆症と言われる症状です

リンの欠乏と過剰摂取

リンは様々な食品に含まれていますので,欠乏することはあまりないのですが,リンの過剰摂取は,「カルシウムの吸収抑制」,「副甲状腺機能亢進などに影響」がありますので気をつけましょう。なお,リンは,品質保持機能(pH調整,変色防止,保水性)の目的で,様々な加工食品の食品添加物として利用されていますので,加工食品の過剰摂取には注意が必要です。