みんなで健康的なレシピを作ろう!!

カリウムについて

202181

カリウムは5大栄養素のひとつのミネラルに分類されます。ミネラルは大きく【①多量ミネラル】と【②微量ミネラル】に区分されており,カリウムは【①多量ミネラル】の一種です。カリウムは「体液の浸透圧維持」や「神経伝達」に関与する重要な栄養素ですが,ナトリウムと互いに逆の働きをすることで体の恒常性を保っています。人間の体内の98%のカリウムが細胞内に存在し,その逆にほとんどのナトリウムが細胞外液中(血漿,組織間液)に存在しており,浸透圧を保っています。この浸透圧のバランスを保つことによって細胞内に必要な栄養素を送り込んだり伝達する役割を果たしています。

また,カリウムは尿中へのナトリウムの排泄を促すことで高血圧発症のリスクを低下させます。

カリウムの欠乏・過剰の症状

カリウムは多様な食品に含まれているため欠乏することは少ないですが,欠乏すると筋力の低下が起こります。健常人では,下痢・大量の発汗・利尿剤の使用によっって欠乏することがあります。欠乏時の症状としては,低血圧,不整脈や頻脈,心電図異常等があります。また,摂取過剰では,腎不全が原因で尿中へのカリウムの排泄障害がおこり,精神・神経障害,不整脈などの症状があります。

カリウムの摂取目安

449723

カリウムの摂取量は,成人男性の目安量が2,500mg/日,目標量が3,000mg/日以上,成人女性は目安量が2,000mg/日,目標量が2,600mg/日以上です。過剰摂取のケースの場合が多いです。カリウムが含まる食品は,野菜類・果実類・ドライフルーツ等に含まれています。特に「ホウレン草」,「りんご」,「納豆」,「トマト」に多く含まれています。