みんなで健康的なレシピを作ろう!!

多量ミネラルと微量ミネラル

315752

5大栄養素のひとつであるミネラル。ミネラルは「生命活動に必須の【無機物】です。カルシウムや鉄は,体の組織となる原料となり,銅や亜鉛は,酵素の成分として体の各機能の調整を行います。ミネラルは大きく【①多量ミネラル】と【②微量ミネラル】に分かれます。【①多量ミネラル】は,「①ナトリウム(Na)」,「②カリウム(K)」,「③カルシウム(Ca)」,「④マグネシウム(Mg)」,「⑥リン(P)」に区分され,【②微量ミネラル】は,「①鉄(Fe)」,「②亜鉛(Zn)」,「③銅(Cu)」,「④マンガン(Mn)」,「⑤ヨウ素(I)」「⑥セレン(Se)」,「⑦クロム(Cr)」,「⑧モリブデン(Mo)」に区分されます。1日の摂取量がおおむね100mg以上になるミネラルを【①多量ミネラル】と呼んでおり,1日の摂取量が100mg未満になるものを②微量ミネラル】と呼んでいます。生体は,実は、酸素(O),炭素(C),水素(H),窒素(N)の4元素で全体の96%が構成されていますが,残りの4%がこのミネラルで構成されています。他にも、硫黄やコバルトなどもミネラルに含まれますが,全てのミネラルについての必要量や機能はいまだに解明されていません。

ミネラルの役割

569363

ミネラルの役笑はどういった役割があるのでしょうか。例えば,カルシウムは骨になったり,ナトリウムは食塩と想像がつきやすいですが,他のミネラルはあまり馴染みがないかもしれません。詳しくはまた別の機会に掲載しようと思いますが,例えば,亜鉛(Zn)は様々な酵素の補酵素となる栄養素で,ホルモンの合成や分泌時に必要となる栄養素です。亜鉛(Zn)が不足すると成長障害を起こしたり,味覚障害を起こしたりします。また,亜鉛(Zn)は様々な体内酵素の補体成分に関与しており,その数は200種類以上で多くがタンパク質と結合しております。タンパク質との結合が多いため亜鉛 (Zn)が不足すると成長障害が起こりやすいのです。

食品添加物と亜鉛不足

214805

亜鉛(Zn)は肉類のタンパク源に多く含まれているので,普段の食事をしている分には,不足をすることはあまりありません。ただし,極度ダイエットをしている場合や,コンビニ弁当,ファストフードを食べていると亜鉛(Zn)不足に陥る可能性があります。コンビニ弁当やファストフードには食品添加物(フィチン酸)が含まれており,その食品添加物(フィチン酸)が亜鉛の吸収を抑えてしまうからです。甘いものが苦く感じるなどの味覚障害が起きている場合は亜鉛(Zn)不足に陥っているのかもしれません。

ミネラルは様々な種類があります。今回は亜鉛(Zn)を取り上げてお話をさせて頂きましたが,また,別の機会に他のミネラルについても掲載させて頂ければと思います。