みんなで健康的なレシピを作ろう!!

5大栄養素について

栄養素は,食物の中に含まれている様々な物質のうち、生命活動を営むために人間の身体に必要な成分です。それの成分のうち「①タンパク質」,「②脂質」,「③炭水化物(糖質)」,「④ビタミン」,「⑤ミネラル」の5種類を「5大栄養素」といい、①筋肉や骨,歯,血液などの体を作る②エネルギー(力や熱)になる③身体の調子を整えるという3つの大きな役割があります。

体を作るタンパク質

3つの大きな役割のうち、①体を作る役割を大きく担っているのが、タンパク質。タンパク質は筋肉,内臓,皮膚,血液などの体の主要な構成成分。また、体内の酵素やホルモンの元にもなっています。カラダの組織を作るのに大切な栄養素です。タンパク質を構成するアミノ酸は20種類あり、そのうちの9種類は体内で合成できない必須アミノ酸と呼ばれています。必須アミノ酸は食事から補う必要があります。

エネルギー源の脂質炭水化物(糖質)

2つ目の役割②エネルギー(力や熱)になる役割を担っているのが、脂質・炭水化物(糖質)です。炭水化物(糖質)は1gあたり4kcalの熱量を発生させ、脂質は1gあたり9Kcalの熱量を発生させます。糖質は口腔にて唾液(アミラーゼ)によって分解され、さらに小腸おん膵液にて分解されグルコースとなって吸収されます。グルコースは脳のエネルギー源であるため、糖質は生体にとって重要なエネルギー源です。一方、脂質は小腸で膵リパーゼという酵素によって、脂肪酸とモノアシルグリセロールに分解され、トリグリセリドに再合成されたのち、リンパ管から吸収されます。

身体の調子を整えるビタミン・ミネラル

3つ目の役割③身体の調子を整えるのは、ビタミン・ミネラルが役割を担っています。ビタミン・ミネラルはタンパク質,脂質,糖質の分解や合成を助ける働きを持ちます。いわば、「ビタミンは体を快適に動かす潤滑油」です。例えば、ビタミンB1B2は糖質や脂質の分解を助ける役割を担っており、ビタミンB1ビタミンB2が不足すると通常の代謝と異なった経路で糖質の解糖(専門的には嫌気解糖と言います)、脂質の代謝が行われ、疲労がたまりやすい体や、脂質が代謝されずに体脂肪が蓄積されやすい体になります。

ビタミンB1が多く含まれている食品の代表は豚肉、ビタミンB2が豊富に含まれている食品の代表は鶏卵です。ダイエットをしているからといって豚肉の摂取を避けるのは、逆の効果を生むかもしれませんね。