みんなで健康的なレシピを作ろう!!

カルシウムについて

カルシウム骨

カルシウムは5大栄養素のひとつのミネラルに分類されます。カルシウムの役割は,ご存知のとおり,骨や歯を作る元で,人体に最も多く含まれるミネラルです。カルシウムの約99%は骨や歯の組織に含まれていて,残りの約1%は血液や体液,細胞の中にカルシウムイオンという形で含まれています。この残りの1%の細胞や血液に存在するカルシウムイオンは,「神経・筋肉の活動」,「ホルモンの分泌」,「血液凝固因子の活性化」などの役割を果たしています。

様々なミネラル等から形成される骨

カルシウムと他ミネラル

骨というとカルシウムだけでできているイメージがありますが,骨には「カルシウム」の他にも「リン」や「マグネシウム」,「ナトリウム」といったミネラル,そして「コラーゲン」が含まれており,「リン」については,体内の「リン」の85%程度が骨の中に含まれています。骨は「コラーゲン」を軸として,その周りを「カルシウム」,「マグネシウム」,「ナトリウム」,「リン」などのミネラルが埋める様な「コラーゲンを鉄筋とした,鉄筋コンクリート」の様な仕組みとなっています。この「コンクリート」の部分,つまり「カルシウム」,「マグネシウム」,「ナトリウム」,「リン」などのミネラルの密度が低下した状態が骨粗粗鬆症と言われる症状です。

血液に存在する1%のカルシウム

血中のカルシウム

血液に存在する1%のカルシウム。この1%のカルシウムは「筋肉収縮」,「ホルモン分泌」,「神経伝伝達物質の放出」,「視覚の維持」,「グリコーゲン代謝」,「細胞の分化・増殖」などの様々な役割を果たしています。この血中のカルシウムは,一定のカルシウム濃度に保たれる必要があります。濃度が高いと,高カルシウム血症(倦怠感や意識・筋力の低下),逆に濃度が低いと低カルシウム血症(心電図異常)等の症状を起こしてしまいます。このため,例えば,しばらくの期間,カルシウムを摂取しなかった場合は,骨に含まれるカルシウムを血中に放出するなどして,体内は血中カルシウム濃度を維持しています。

カルシウムの吸収率

カルシウムの体内の吸収率はあまり高く無く,カルシウムを食品から摂取しても、体内に吸収されるのは食品によりますが20%〜50%程度です。また,一緒に摂取する栄養素によって吸収率も変わり,「シュウ酸,フィチン酸,脂質の多い食事,多量のリン」と一緒にカルシウムを摂取すると,カルシウムの吸収率が抑制されてしまい,逆に「ビタミンD,乳糖,オリゴ糖」などとカルシウムを摂取すると,カルシウムの吸収率が促進されます。

カルシウムの摂取目安と多く含まれる成分

30歳〜49際の男性の推奨量は650mg/日,耐用上限量は2,500mg/日,30歳〜49際の女性の推奨量は650mg/日,耐用上限量は2,500mg/日とされています。カルシウムを多く含む食品は「牛乳」,「ヨーグルト」などの乳製品や,「小魚」,「海藻」にも含まれ,他には「ごま」,「小松菜」などにも含まれます。ただ,乳製品を摂取できない方が多いことや,他にカルシウムを含む食品が少ないことから,日本人は慢性的にカルシウム不足であると言われています。